ハリウッドの映画情報をnavi.ってます!

-  |  次の3件 »

ジャンヌ・モロー/Jeanne Moreau

Jeanne Moreau.jpeg
ジャンヌ・モロー
英語表記:Jeanne Moreau

生年月日:1928年1月23日(84歳)
出身:パリ/フランス

パリにて、フランス人の父親とイギリス人(イングランド・ランカシャー州出身)の母親の間に生まれる。パリのフランス国立高等演劇学校 (コンセルヴァトワール)で演技を学び、1948年にデビュー。ルイ・マルやフランソワ・トリュフォーなど、ヌーヴェルヴァーグ時代の監督達の作品が印象的。

『雨のしのび逢い』でカンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞している。2000年にはベルリン国際映画祭で功労賞を受賞した。1992年に公開された『愛人/ラマン』では、ナレーションを務めている。

1948年に俳優のジャン=ルイ・リシャールと結婚したが後に離婚。1977年に映画監督のウィリアム・フリードキンと再婚したが、1979年に離婚している。女優であり歌手でもある。(Wikipedia)

【イチオシの1本!】

★作品の詳細はこちらから!

◆ジャンヌ・モローの出演作品を
>>Amazon.co.jpで検索!!
◆ジャンヌ・モロー:バイオグラフィー
>>wikipedia

バート・ランカスター/Burt Lancaster

バートン・ランカスター.jpeg
バート・ランカスター
英語表記:Burt Lancaster

本名:バートン・スティーブン・ランカスター
生年月日:1913年11月2日
没年月日:1994年10月20日(満80歳没)
出身:アメリカ/ニューヨーク

五人兄弟の四男として生まれる。父は郵便局員だったが週給はわずか48ドルという貧しい家庭に育ち、雪かきや靴磨き、新聞の売り子をして家計を助けていた。子供の頃から読書が好きで、映画はルドルフ・ヴァレンティノかダグラス・フェアバンクスのファンで、特にフェアバンクスの冒険活劇には熱中し、1920年にフェアバンクスの『奇傑ゾロ』が近くの劇場にかかった時は真っ先に切符売場に並んで食い入るように見たという。

ハイスクール時代は体育部に属しバスケットボールの選手として活躍、その奨学金を得てニューヨーク大学に進学した。当初は体育教師を志して勉強に励んでいたが、退屈な授業に嫌気がさして2年で中退、幼馴染でボクサーのニック・クラヴァットとラング・クラヴァートというアクロバットチームを組みサーカスに入団し、空中アクロバットの花形として活躍した。(Wikipedia)

【イチオシの1本!】

★作品データ

◆バート・ランカスターの出演作品を
>>Amazon.co.jpで検索!!
◆バート・ランカスター:バイオグラフィー
>>wikipedia

主な出演作品はこちらから

シャーリー・マクレーン/Shirley MacLaine

シャーリー・マクレーン.jpeg

シャーリー・マクレーン
英語表記:Shirley MacLaine(本名:Shirley MacLean Beaty)

本名:シャーリー・マクレーン・ベイティ
生年月日:1943年4月24日
出身:アメリカ/リッチモンド

バレエ学校で学び、16歳でブロードウェイにダンサーとしてデビュー。映画デビューは1955年のアルフレッド・ヒッチコック作品『ハリーの災難』。コケティッシュな魅力で人気を博した。

1983年には『愛と追憶の日々』でアカデミー主演女優賞を受賞。ヴェネツィア国際映画祭とベルリン国際映画祭でもそれぞれ2回、女優賞を受賞している。仏教思想を初めとする東洋文化に傾倒している。娘の名前は小森和子によって"blessed child"を意味する日本名「幸子」にちなんで名づけた。

輪廻転生説をとなえ、自身の前生を一休宗純の最愛の伴侶であったと言う。彼女は盲目の三味線弾きで、70代後半の一休よりも40歳も若かった。1983年に刊行され世界的なベストセラーとなった『アウト・オン・ア・リム』をはじめ、多くの精神世界に関する著作がある。俳優のウォーレン・ベイティは弟、サチ・パーカーは娘。

◆シャーリー・マクレーンの出演作品を
>>Amazon.co.jpで検索!!
◆シャーリー・マクレーン:バイオグラフィー
>>wikipedia

主な出演作品はこちらから

-  |  次の3件 »
Copyright © ハリウッドの映画情報をnavi.ってます! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます